2008年5月10日 (土)

イントロダクション

2008年4月24日~5月5日のバハマ旅行記です。

事前情報があまり無く、色々不安な面もありましたが、行ってよかったと思っています。

最近はダイビング旅行より普通のリゾート旅行のウエイトが高くなってきている我が家ですが、

今回もダイビングは2本だけで、あとは陸上を楽しんできました。

この旅行記は、ブログを利用していますので、通常の章立てにこだわらず、気が付いたことは

その都度小さくても記事にしていこうと思っています。

もしバハマを検討される場合はカテゴリーで選んでいただければ、まとまった情報になると思います。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

バハマの場所

バハマって、ところでどこ?という方が多いと思います。

フロリダから近いです。

バハマの一部であるグランドバハマ(フリーポートと書いてある所)になるとマイアミより北になります。

 

Bahamamap_2
                                         Base Map by World Sites Atlas

赤く囲ってあるところがバハマです。

複数の島からなっています。

それで「BAHAMAS」と必ず「S」がついているのかもしれません。

「bahama」で検索すると日本語のサイトばかりで、ほぼバハマとは無関係のサイトですが、「bahamas」で検索すると

今度は海外のサイトが殆どで、しかもバハマの関係のサイトです。

「s」の一文字でこうも結果が違うのかとびっくりしました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バハマの語源

バハマの語源は、スペイン語の浅い海という言葉が有力な説らしいです。

Google Mapで見てみると、世界中の他のどのエリアより広い範囲で「浅い海」が続いているのが

はっきり分かります。

珊瑚礁の海は熱帯、亜熱帯にはたくさんありますが、これだけ広範囲に浅いエリアは世界でバハマだけです。

一番上の地図の水色のエリアがバハマです。

Googlemap_bahamas

 

オーストラリアの北部とインドネシアのスマトラ島の東側に浅いエリアがありますがバハマほどではありません。

Googlemap_bahamas2

 

モルディブのあるインド洋には浅い海は同じ縮尺では殆ど見あたりません。

Googlemap_bahamas3 

 

太平洋も同じです。

 

それだけ特殊な環境の海と言えると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バハマの地図

バハマはいくつかのエリアがあり、首都ナッソーのあるのはニュープロビデンス島という島です。

その島の北の東端にパラダイスアイランドという小さな島があり、橋で結ばれています。

小さなと言っても東西は何キロかありますから、ちょっと歩いて一周お散歩という大きさではありません。

 

リゾートホテルは、殆どがパラダイスアイランドとケーブルビーチにあります。

泊まったホテル「アトランティス パラダイスアイランド」は名前の通りパラダイスアイランドにドーンとあります。

ざっくりとした手作り地図で見るとわかりやすい?!^^

Newprovidence

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

アトランティス パラダイスアイランド

今回泊まったのは「アトランティス パラダイスアイランド」という超巨大ホテルでした。

名前の通りパラダイスアイランドという島にあります。

何年か前にこのホテルに泊まったことのあるダイバー仲間から聞いた時には、そんなものすごいホテルがあるなんて

信じられませんでした。

でも、本当にあったのです。

そして、そのホテルは想像以上のものでした。

敷地が広い、水族館がある、水族館にいる魚たちがすごい、プールもたくさん、という、水に特化した

テーマパークのようなホテルでした。

 

T_m0011532

クリックすると別ウインドウで大きくなりますが、手前側の島が首都ナッソーのあるニュープロビデンス島で、

2本の橋でつながっている上の島がパラダイスアイランドです。

左側にピンクの建物が6つ見えますが、一番右手以外の5つがアトランティスです。(一番右はRYUというホテルです)

そして大きな船が泊まっている辺りがナッソーのダウンタウンです。

2本見える橋はあの船が通れる高さになっていますが、歩いててっぺんまで行くと、高いところが苦手な人は

かなり怖いくらいです。

アトランティスの建物の一番幅広の建物はかなり大きかったですが、それくらいあるというクルーズ船の大きさは

びっくりするくらいすごいですね^^

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

5つのタワー

今回泊まったのは、5つあるタワーの内コーラルタワーという棟でした。

5つとは、

コーラルタワー ・・・部屋の作りとしてはスタンダードクラスに思えました。

             オプショナルツアー等の集合や送迎は大体コーラルタワーが多く、カジノにも近いせいか、

             ロビーは朝から夜遅くまで賑わっています。

 

ビーチタワー ・・・建物ランクとしては外観からしてコーラルタワーと同じだと思います。

            ビーチに近いところに建っています。

            コーラルタワーと比べ静かでのんびりした雰囲気のロビーです。

 

ロイヤルタワー ・・・このホテルの顔とも言える大きい建物。

            東館と西館があり、それを超高級スイートルームがつないでいる、というつくりです。

 

コーブ ・・・まだ出来て1年くらいの、全室スイートの高級棟のようです

 

リーフ ・・・ここも高級な作りで、コンドミニアムタイプの棟だそうです。

       分譲もしているようでした。(分譲が基本なのかもしれません)

 

まとめると、コーラル、ビーチは庶民派、ロイヤルは庶民から超有名人まで、コーブとリーフはお金持ち用、

ま、こんな関係になっていると思われました。

T_dsc01356a

(クリックすると別ウインドウで大きくなります)

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

コーラルタワー 1

今回泊まったコーラルタワーのご紹介を。

 

正面に見えるのがコーラルタワーです。

バハマは英国の統治下にあったので日本と同じ左側通行です。

 

 

エントランス。

この写真だとうまく伝わらないですが、もっと広くて(長くて)、白い帽子とシャツの格好をしたスタッフももっといて、

お客さんも朝からツアーバスやタクシー待ちで賑わっています。

みんなどこに行ってるんだろう。

 
 

エントランスの反対側です。

左側通行だからこちらから車はやってきます。

 

 

鮮やかなブルーメタリックの高級車がピンクに映えます。

 

 

エントランスを入ったところからの様子です。

左手を進んでいくと中庭や客室に行けます。

 

 

エントランスを入って右手はビーチタワーにつながっています。

 

 

左手にレセプションがあります。

 

 

ロビーを抜けて進んでいくと、撮影雑記Ⅱでご紹介したお気に入りのソファーのあるロビーエリアになります。

左手奥のカウンターはバーですが、パンも売っていて、ここで買って、近くの椅子で食べることもできます。

 

 


右手を見るともうワンセットお気に入りのソファーがあって、その先にエレベーターがあり、それで客室に行きます。

 

 

きれいきれい^^

 

 

昼間はガラス張りの天井越しに青空が見えて、とてもいいかんじ^^

 

 

これが、そのバーです。

 

 

ベーグルとかクロワッサンとか甘いパンとかが売られています。

フルーツも。

 

 T_dsc01791

エレベータにたどり着く手前の壁の絵が南っぽくて、とてもお気に入りでした^^ 

 

| | コメント (0)

2008年6月17日 (火)

ロイヤルタワー 1

アトランティスの顔と言えるロイヤルタワーをご紹介します。

 

 

ホテル内の「海」越しに見たロイヤルタワーです。

 

 

ちょっとだけ違う角度から。

一番右の建物は「リーフ」というコンドミニアムタイプのタワーです。

 

 

「海」のビーチから見たロイヤルタワー。

 

 

椰子の葉を入れてリゾートっぽくしました^^

 

 

ロイヤルタワーの前にはトビウオの噴水があります。

 

 

噴水越しのロイヤルタワー。

 

 

この連結部分が、1泊25000ドルもする、世界でも最も高額ランクのスイートです。

マイケル富岡、ではなく、ジャクソン?ジョーダン?が泊まるとか、何しろお金持ちが泊まるすごい部屋だそうです。

中見てみたかったですが、一般人はたどり着けません。

 

 

すごいなあ。

 

 

ブーゲンビリアといっしょに。

 

 

色んなところで、海の生き物のオブジェがありましたが、タツノオトシゴが一番多かったです。

 

 

ここにも。

 

 

ここにも。

 

 

オブジェ越しの「海」の風景。

 

 

タワーの頂上にはカジキと貝が。

 

 

こういうつくりはテーマパークそのものです^^

 

 

また違った角度から。

本当に、何度でも撮りたくなりました^^

 

 

「海」側と反対側から見た風景。

こちらは人もあまり見かけず、静かな場所でした。

 

これがロイヤルタワーの外観です。

| | コメント (2)

2008年6月22日 (日)

アトランティス マリーナ 1

アトランティスのマリーナの様子を。

たくさん撮りすぎて、分類するのが面倒になったので、とりあえずマリーナの様子の一部をご紹介します。

 

Marina

コーラルタワーの玄関を出るとすぐにマリーナがあります。

規模は大きくはありませんが、とてもいい雰囲気で、お気に入りの場所でした。

 

 

拡大すると、こんな感じでマリーナに沿ってお店があります。

 

 

今回は先ずマリーナ自体の様子を中心にご紹介します。

ホテルからだと、階段を少しおりてマリーナに着きます。

 

 

左手を進むとお店が並んでいるところになります。

 

 

白いパラソルと椰子の木ときれいなクルーザーの組み合わせはいつ見てもきれいでした。

 

 

右手は、ピザ屋さんとデリカテッセンというおしゃれなファミレスといった感じのお店があります。

 

 

ピザは一切れ単位で売っているので、1枚は食べられないという人でも気軽に買えるのがいいです。

 

 

外にはパラソル付きのテーブルがあります。

 

 

少し先までテーブルがあって、休憩でも食事でも好きに使っています。

  

 

ピザ屋さんの向こうにデリカテッセンがあります。

 

階段を下りて左手に行く時、振り返ると時計のあるピザ屋さんが見えます。

 

 

向こうがマリーナのメインの場所です。

 

 

つづく

| | コメント (0)

2008年7月 7日 (月)

アトランティス マリーナ 2

続きです。

 

ホテルに戻る時は、左手は港、右手にお店が並んでいます。

 

 

この辺りは、マリーナビレッジ(このエリアの名前です)に入ってホテルに向かう時の風景です。

 

 

これもそうです。

 

 

ホテル側から行くと右が港。

何度通っても好きな雰囲気でした。

 

 

アイスクリーム屋さんの建物は黄色に椰子の緑が映えて好きな建物でした。

 

 

この色合いも好きでした。

 

アイスクリーム屋さん^^

中はハーゲンダッツです。 

 

 

 

 

 

ふふ^^

 

 

常連になりつつあった?^^

 

 

右がジュース屋さん、左がラムケーキ屋さん。

 

 

 

 

 

種類がたくさんあって、入っていきなり見ても何がなんだか分かりませんでした^^

でも美味しかったです。

値段は見なかったことにして^^

ここでは普通ですから^^

 

 

ラムケーキのお店です。

 

 

海賊の像が目印です。

 

 

入り口の所にラムケーキの試食がおいてあります。

日替わりで種類が変わるので、毎日食べて気に入ったのを買いました。

 

 

甘いけど美味しかったです^^

 

 

ダウンタウンにもお店があり(そっちが本店?)、他でもいろんなところに置いてありました。

この怒っている顔が「なんで怒ってるのぉ?」という感じで、それが何故か可笑しく思いました^^

 

 

クリーム、ペパーミントグリーン、パステルピンクの3点セット^^

 

 

 

 

 

買い物はしませんでしたが好きな店先でした^^

 

 

 

 

 

あの黄色と黄緑が見えると、何故か楽しくなったのでした^^

 

 

椰子の影がリゾート気分を盛り上げてくれます。

 

 

 

 

 

こちらは水色。

 

 

あの好きな建物はこのレストランです。

 

 

バハマの正装が、「らしくて」いいです。

 

 

店内でも食べられますが、外のテラスもいつも賑わっていました。

歩く人とかを眺めているのか、眺められているのか分かりませんが、とっても楽しい雰囲気の場所でした。

 

 

テラス席から見た様子です。

サマータイムなので夜の7時半頃はまだ明るかったです。

なんだか楽しいなあ^^ 

 

 

夜は生演奏と歌が楽しめます。

 

 

カクテル光線がきれいです^^

 

 

 

 

 

マリーナで港側の石のベンチに座って演奏を聴いたり、行き交う人を眺めたりしているのも

いいものです^^

 

 

のっぽのお兄さんは子供達の人気者でした。

 

 

 

 

 

いくつかある屋台ではこういう貝細工もありました。

コンク貝の貝殻はピンクできれいなので、こういう細工に使うととてもきれいです。

 

 

妖精なのでしょうか? 

  

 

これもかわいかったです^^

 

 

マリーナビレッジの入ってすぐのイタリアンのお店。

いつも人が外で待っていました。

聞いたところでは、家族連れでくるにはお得なレストランのようでした。

 

 

いつもこんな感じです。

 

 

そのイタリアンの隣のオリジナルハンバーガーのお店です。

 

 

ここもリーズナブルなお店で、味も悪くなかったです。

 

 

夜のライティングも好きでした。

 

 

ここからがマリーナビレッジ。

 

 

好きな場所でした。 

 

 

| | コメント (0)

2008年7月28日 (月)

エルーセラ島 ハーバーアイランド その1

ピンクサンドビーチが有名なエルーセラ島のハーバーアイランドというところに行ってきました。

今回のバハマ旅行のオプションの中ではTOP2のイベントでした。

 

エルーセラはバハマから東方面に船で2時間くらいかけて行ったところの、南北に長く島が連なっているところです。

その中の大きい港があるのがハーバーアイランドという小さな島。

そこにピンクサンドビーチがあります。

 

エルーセラは故ダイアナ妃がハネムーンで行ったところでもあり、GW中に結婚式をエルーセラで上げた

マライアキャリーの自宅があるところでもありますが、どの島かは分かりません。(少なくとも

観光客がたくさん出入りするハーバーアイランドでない事だけは確かだと思いますが)

その日は朝から曇りで、すぐに雨になり、船に乗る前にはどしゃぶりになっていました。

船に乗っている間もずっと雨でしたが、エルーセラに近づいてきてから、青空も見えてきて、

ほっとしました。

 

だいぶエルーセラに近づいて来ました。

 

 

方向によっては雲の少ない方角もありました。

 

 

でもまだまだの天気です。

 

 

到着すると、桟橋を抜けてすぐのところに電動カートが並んでいるところがあって、そこで着いた順番に乗り込み

1台ずつ簡単な説明を受けてから、クラゲのあかちゃんが泳ぎはじめるように前から順番に出て行きます。

 

 

ピンクサンドビーチに行く前に見かけたブーゲンビリアのきれいなホテルを見かけました。

 

 

 

 

 

上のレストランのところを海に向かっていくと、すぐにビーチの近くに着きます。

  

 

あの建物はホテルなのでしょうか別荘なのでしょうか?

 

 

白とパステルブルーが爽やか^^

 

 

隠れ家的な感じでいいな。

あれ?屋根の上に乗っているのはなんだろう?

  

 

ふくろうの像だった。

生きてるかと思った^^

 

 

これがピンクサンドビーチかぁ。

たしかにほんのりと色付いているように見えるな。

 

 

ちょっと天気悪いですが、こういうシーンは欧米人には似合う気がします。

 

 

 

 

赤い小さなつぶつぶが混じっている砂でした。

 

 

 

 

天気もそれ以上回復しないのでピンクサンドビーチを後にすることにしました。

 

 

別のレストラン?

ここもいい雰囲気出していました。

 

 

プルメリアの仲間なのでしょうか?

きれいな色合いでした。

 

 

この教会はピンクと茶。

向こうにはグリーンの家が。

 

 

グリーンの家と赤いブーゲンビリア。

 

 

こちらはブルー。

壁にはクマノミだのカメだのの絵が。

 

 

ドアにはカラフルなトカゲが^^

 

 

ここにもトカゲ^^

 

 

バハマママ猫ってかんじの太っ腹^^

 

 

この教会はピンクと白。

空が青いととてもきれい。

 

 

こちらもピンクと白。

ライオンもピンク^^

壁に着いてるのは何だろう。 

 

 

と思ったらカニでした^^

丸いプレートの絵も南らしい。

で、どういう意味があるのでしょう?^^

  

 

あ、鳥!

 

 

尾が意外と大きい鳥でした。

 

 

ランチ券で食べられるのは2時までなので、天気も後になるほど良くなってきているし、先に食事をする

ことにしました。(20ドル分までで、それを超える分は追加払いになります)

 

 

みんな同じようなパターンで、もう何台かカートが停まっていました。

 

 

レストランの隣にはダイビングショップもありました。

人はいませんでしたが、すぐ目の前が桟橋だから場所としてはいいところだと思います。

 

 

 

 

中でも食べられますが、みなさん外で食べていました。

 

 

外で海を見ながら食べるのがやっぱりいいです^^

 

 

 

 

 

このピンクとプールのブルーの組み合わせがきれいでした。

 

 

桟橋の風景。 

 

 

カモメが仲良く並んでいました。

 

 

それにしても、頭の黒いところと体の白いところの境ははっきりしてるなぁ^^

 

 

桟橋側から見た風景。

奥の右手がレストラン。

 

 

トローリングもやってみたいけど、色々余裕がありません^^

 

 

 

 

 

因みにランチで食べたものです。

味はよかったです。

 

 

 

 

椅子も海がモチーフに。

 

 

レストランの敷地で見た花たちです。

 

 

鮮やかなオレンジのハイビスカス。

 

 

向こうに見える建物もピンク色^^

 

 

バハマの旗とアメリカの旗とハイビスカス。

 

 

こんな感じがエルーセラ島のハーバーアイランドの様子のパート1です。

残りはパート2でご紹介します。

 

 

| | コメント (6)

2008年8月31日 (日)

エルーセラ島 ハーバーアイランド その2

予想通り、お昼が済んだ頃から天気はどんどん良くなってきました。

ランチチケットが2時までということでそれに間に合うように食べましたが、港への集合が3時でしたので

急ぎ足で、もう一ヶ所寄ってみたいところを探しに行くことにしました。

 

と思ったら、出発してすぐに「なんだろう、このかわいい施設は?」と入ってみたら、それはホテルで、

あまりにかわいいので、ついついそこで長居をしてしまいました^^

日本では全く見かけなかった情報ですが、アメリカのガイドブックにはきっと載っているのだと思います。

 

おお、全部ピンク!

 

 

ピンクの建物の上の方にはパステルカラーの建物。

なんだ、あのピンクの椅子は?カワユイ^^

 

 

ここに座って海を見るのもいいかも。

でも焼けすぎるか^^;

 

 

背もたれが椰子の木だ^^

 

 

向こうに見えるのは部屋かな?

 

 

ブルーが鮮やかなコテージ。

 

 

部屋番号はエンジェルフィッシュ^^

 

 

これもきれいだなぁ。

 

 

クリーム色のコテージもあるんだ。

 

 

これはトリガーフィッシュ。

「何しろ部屋番号は真ん中にと決めているから、胸ビレが白くたって真ん中に書くさ」

といったところでしょうか^^

 

 

で、パステルカラーの建物は何だろうと思ったら、レストランがありました。

 

 

オープンのレストランはとってもいい雰囲気。

 

 

各テーブルにはバハマの名産のコンク貝が飾られていました。

この貝はピンク色がきれいで、貝細工にもたくさん使われています。

 

 

外でも食べられるようです。

いいなあ、いいなあ^^

 

 

プルメリアもピンクが濃く��きれい。

 

 

きれい、きれい。

 

 

レストランから下りていくと・・・・

 

 

なんか、大きな椅子がある。

 

 

うわ、いかにもダラーっと座る用み��い^^

 

 

その上の白いのは、屋根付きのベンチ。

ここで海を見ながらおしゃべりしたりするんだろうな。

 

 

そして、その下はプール。

 

 

こぢんまりとしたプールですが、ホテル自体が静かだから、のんびりするにはいい感じです。

下のピンク色の屋根はなんだろう?

 

 

と、下りてみると屋根つきのビーチチェアがありました。

 

 

こんなかんじ。

ピンク屋根のビーチチェアの上がプールで、その上に��きい椅子があって、その上に白い屋根付きの

ベンチがあって、その上にコテージとかレストランがあって。

カラフルで、見ているだけで楽しい気分になりました。

 

 

桟橋側から見るとこんな感じ。

 

 

で、桟橋の先にもこの椅子が並んでいました^^

 

 

桟橋からみた��。

あのパステルカラーの建物と、その先にも小さな建物が見えます。

 

 

パステルカラーの建物はバーでした。

いい雰囲気^^

 

 

バーにオウムがいました。

よく見ると頭の羽の色とか、本当にきれいです。

 

 

その向こうの小屋には別のボート桟橋のところにありました。

のんびりとした時間が流れている感じでした^^

 

 

 

 

「その3」につづく

 

 

| | コメント (17)

2008年9月17日 (水)

エグズーマ島

エグズーマ往きの「パワボートアドベンチャー」は、現地旅行会社の一押しという点で一致していましたので

それなら参加しようと、行ってみました。

 

朝9時頃に出発です。

 

このボートは一番後ろのコーナーのシートには座らない方がいいです。

高速ボートだからバンバン跳ねて操舵席より前のシートはきついだろうと思うかもしれませんが、

一番後ろコーナーよりはうんとマシです。

何しろ波しぶきと強風でずぶぬれで寒くて寒くて本当に2時間の間に死ぬかと思いました。

支給されるカッパを着て、その下にウインドブレーカーを着てもそんな感じでした。

  

  

最初はゆっくりと出発です。

 

  

左手の2本の橋が本当とパラダイスアイランドをつなぐ橋です。

 

 

豪華クルーザーも見えます。

かっこいいなぁ。 

 

 

軽快、軽快^^(と、このへんまでは思っていました)

 

 

おおぉ、どんどん速くなる!

 

 

その後は写真どころではなくなったため、いきなり到着です^^

 

しかし、着いたところはびっくりするほど美しい場所でした。

それまでのつらさが急速に消えていくのを感じ、撮影意欲がもりもり湧いてきました^^

 

 

はぁ・・・・(ため息)

 

 

さっさと上がってしまいました^^

あの黄色いのが支給されたカッパです。

けっこう厚手ですが、まったく効きません。

 

 

ここが桟橋。

この桟橋の写真はどれだけ撮っただろうというくらい撮ってしまいました。

なにせ、見ると体が勝手にカメラを構えて右手の人差し指が勝手にシャッターボタンを押してしまうのですから^^

 

 

ハァ・・・・・(ため息)^^

 

 

ハァハァ・・・・・(ため息)^^

 

 

向こうに見えるのが食事が用意されるところです。

 

 

シュノーケリングの準備をさっそく始めていました。

 

 

黄色がきれいな鳥が。

 

 

着いたらとりあえず自由行動。

といっても近くを探索するくらいですが。

 

 

パラソルがありますが、私にはのんびりする時間と気持ちの余裕がありませんでした^^

 

 

ちょっと高台に上って、スタスタスタスタ行くと、おお、これまた素晴らしい景色^^

 

 

ちょっとだけビーチをアップで。 

 

 

もっとアップにすると、食事場所と休憩所が見えます。

 

 

ボートはこの向こう側に泊まっています。 

 

 

グラデーションがきれいでした。

 

 

本当はもっとうんとゆっくりしたい場所です。

 

 

しばらく休憩したらすぐ近くにシュノーケリングに。

 

 

いかにもあそこにサンゴの根があります。

行くつもりがなかったのですが、ちょこっとだけ行きましたが、あまり印象に残っていません^^; 

 

その後、砂州に寄りました。

一斉に下りるので人の入らない写真を撮るチャンスはほんの短い時間でした。

 

 

その後また最初の所に戻ってランチです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また元の場所に。

 

 

 

 

 

 

 

 

ランチはこんな感じです。

 

 

それぞれ場所をとって食べます。

 

 

食後のフルーツも少しあります。

 

 

ランチが終わるとみんなの食べ残しをばらまくのがサメの餌付けショーというもので、事前リサーチで見た

写真とまったく違ってがっかりでした。

ここで半水面の写真を撮るためだけで「首と腰の悪い人はお断り」というツアーに一眼レフのハウジングを

持っていったのですが・・・

 

 

でも、このやり方では海には入れないとは思いましたが^^

 

 

もうだいぶ帰って行ってしまいました。 

  

 

そしてまた平穏が戻りました。

 

 

食後、出発までに時間があったので、またあたりを散策しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

出発までもう少しという時に、ここからの写真を撮っていないというので、砂の斜面を大急ぎで登って撮りました。

 

 

あ、ワンコがいたんだ。

さようなら~

 

 

さようなら~

 

 

最後はイグアナの住み着いている島に寄りました。

  

 

みんなで上陸すると・・・

 

 

イグアナがエサを目当てにおそるおそる集まってきます。

 

 

あれ?これは何のエサで釣っていたんだっけ?

忘れてしまいました^^;

飛びついて食べようとする時に意地悪すると・・・・

 

 

びょ~~ん、びょ~~ん

とジャンプする格好が可笑しかったです^^

 

エグズーマはバハマの海で一番きれいでしたので、本当は移動時間の少ないところに泊まって、

もっと色んな場所を見てみたかったです。

 

 

| | コメント (26)

2008年10月 5日 (日)

ナッソーのダウンタウンへ

ダウンタウンへはフェリー(渡し船?)で行く方法と、ホテルからタクシーで行く方法と、橋をてくてく渡ってから

小型の循環バスに乗って行くかの3通りありますが、先ずはフェリーで行くことにしました。

 

橋の料金所に向かって右手方向がダウンタウン往きの桟橋です。

左手の立派なターミナルはエグズーマとかのオプショナルツアー用の桟橋がある所です。

 

 

看板に従って狭い道を行きます。

 

 

どんどん行きます。

 

 

どんどん行きます。

 

 

もう少しです。

 

 

橋の下にお店が見えます。

そこを右に曲がります。

 

 

おみやげ屋さんです。

 

 

こんなかんじです。

 

 

曲がってほんの少しで桟橋です。

 

 

振り返るとこんなかんじ。

 

 

前を見ると小屋があって

 

 

右に曲がると、チケット小屋があります。(「ICE」の隣)

 

 

片道一人3ドルで、朝の9時~夕方6時まで運行しています。

時刻表はなく、ある程度の人数が集ったら出発です。

但し、最初のお客さんが来てから最長で30分経ったら人数が少なくても出発(らしい)です。 

 

 

朝は何もありませんでしたが、帰りはフルーツが売られていました。

 

 

値段は見ませんでしたが、バハマですから安いと思うことはないと思います^^

 

 

 

 

 

桟橋の様子。

 

 

ここで待ちます。

 

 

桟橋の先の方から見た様子。

 

 

こんな小さな船です。

 

 

色は白と水色。

 

 

そして窓枠はピンク^^

 

 

アトランティスを右手に見ながらいざダウンタウンへ!

 

 

食材から何から何まで搬入はここからしているのだと思います。

 

 

15分くらいの「船旅」ですが、カリブ海クルーズの大型船が停泊しているので、それが遠くからでも見えて

もっと近く感じます。

 

 

 

 

 

T_dsc01546

ヨットの白い帆が青空に映えます。

 

 

あれ?空で帰って行く。

「回送」とかあるのかな?

 

 

もう少し。

 

 

しかし大きいなあ。

 

 

みんな何してるのかなあ。

 

 

いつか乗ってみたい気もします。

 

 

どうしてあれがピンクなんだろう^^

 

 

ここを通り過ぎると、もうすぐ到着です。

 

 

もう少し。

青とピンク^^

 

 

左手のテントがストローマーケットです。

 

 

これです。

 

 

その隣に「セニョール フロッグ」というレストランがありました。

メキシコのコスメルに行った時知りましたが、バハマにもあるのは知りませんでした。

 

 

 

 

はい、到着です。

(つづく)

 

| | コメント (4)

2008年12月11日 (木)

ナッソーのダウンタウン

 

ダウンタウンに到着です。

 

あのテントがストローマーケットです。

 

 

近づいていくとこんな感じです。 

 

 

こんなかんじ

 

 

中は反対側の通りに向かって狭い通路が何本かあって、個人の小さい売り場?が連なっている

という作りです。

民芸品とか衣料品とか、藁(ストロー)製品とかが売られていましたが、あまりにごちゃごちゃしていたので、

さっと通り抜けてしまいました。

 

 

反対側のメインストリート側から見るとこんなかんじ。

もっとまわりに建物がないのを想像していましたが、想像とはだいぶ違いました。

 

 

向かい側にはハーゲンダッツが。

 

 

ストローマーケットを右に出て、すぐ突き当たりを建物沿いに歩いて、また海辺に出ると、海沿いの道が

ケーブルビーチに向かって続いています。

 

 

ストローマーケットを左に行くとブランドショップとか色々お店が並んでいます。

 

 

先に進むとこんなかんじ。

右手のマイクロバスは循環バスの一つです。

何系統か走っています。

 

 

横道はこんなかんじ。

 

 

メインストリートは「ベイ ストリート」というのでした。

脇道を見てもクリーム色とかピンク色のパステルカラーが見えます。 

 

 

ベイストリート。

 

 

 

 

 

この怒ったピラニアみたいなマークの「PIRANA JOE」のTシャツやさんはあちこちで見かけました。

もちろん買いました^^

 

 

このお店「DEL SOL」は蓄光素材がウリです。

ただ、その特徴を活かす場面が自分には無さそうだったので見るだけにしました。

 

 

アイスクリームやさんもこんなにパステルってる^^

 

 

 

 

 

まるで日本の昔のポストみたい。

 

 

大型クルーズ船が泊まる桟橋のあたり。

右にちょっと見えるのはクルーズ船。

  

 

クルーズ船です。

 

 

クルーズ船を背にして脇道を上がっていきます。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

教会もかわいらしい^^

 

 

 

 

 

ガバメントハウスも見所としては外せないので行ってみました。

門の中には入れません。

 

 

 

 

 

メイン通りじゃなくても循環バスは走っています。 

 

 

循環バスです。

ダウンタウンを挟んで、ケーブルビーチ方面とパラダイスアイランド方面とに分かれるので、

番号を間違えないようにしないといけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通りかかった教会で、中に入れたので入ってみました。

 

 

中にはとてもきれいなステンドグラスがありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

海賊の博物館です。

 

 

循環バスはたくさん走っています。 

 

 

  

  

  

 

 

 

 

 

 

おや?

 

 

写真を撮ってもらってお金をもらうのが彼の仕事です。

 

 

バハマは葉巻も有名だそうです。

 

 

首都のダウンタウンの港もこの海なのがすごいです。

セニョールフロッグというレストランはメキシコのチェーン店ですがバハマにもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ごつい感じの男性なのに、こんな記念写真を撮るんだ^^

 

 

お、かっこいいオープンカーと思ったら・・・

 

 

アイランド スクート クーペと書いてあって、見たら2輪のハンドルがありました。

つまりスクーターの改造ということでした。

でも鮮やかでかっこいい^^

 

 

何もかもカラフル^^

 

 

 

 

 

 

 

 

ダウンタウンの中心から歩いても近い「ブリティッシュ コロニアル ヒルトン」

 

 

 

 

 

ヒルトンの前の通り。

右手が海で、これをずっと行くとケーブルビーチを通ります。

10番のバスだったかなぁ?

 

 

ヒルトンの向かいにはマックがあります。

 

 

  

 

 

 

 

 

カラフルで楽しい^^

赤い車が来たのですかさず撮りました。

 

 

目の覚めるような蛍光水色?という建物がありました。

本当にクラクラしました^^

 

 つづく・・・

| | コメント (2)

2009年3月 8日 (日)

コーラルタワー 室内

コーラルタワーの室内です。

施設的には、それほど高級感はありません。

コーラルタワーは多分出来たのが初期だったと思いますが、そのせいもあると思います。

でも、清潔感はあり、特に不満は感じませんでした。

 

 

ツインベッドに、テレビとミニバーとテーブルが一つ。

 

 

 

 

ポットです。

 

 

バスルームはこんなかんじ。

 

 

洗面は明るかったです。

 

 

  

  

 

シャワーが固定式なので、水戸のご老公が洗いにくいです^^

ウチは水中撮影機材用に大きいタッパを持って行くので、中身を出した後は

洗面器になり不便はなかったですが。

 

 

 

 

 

使いませんでしたが。

 

 

これは、エレベーターホールの近くにあった製氷機のある部屋です。

 

 

床は廊下まで全部絨毯ですが、この魚はわざわざ紅海まで撮りに行った魚で

カリブにはいないと思います^^

 

 

ちょっと室内をご紹介しました。

| | コメント (0)

2009年3月15日 (日)

アトランティスの様子

ホテル内の風景を細切れにご紹介します。

 

 

敷地内には池がいくつかあります。

それぞれに違う魚やエイがいます。

 

 

この池はエイの池。

 

 

エイの編隊の形がよくなるまで結構待ったりもして。

 

 

 

 

 

Ssdsc01194_2

日陰に咲いていましたがきれいだったので。

 

 

ここは海につながっている池というか、水路というか、ホテル内の海です。

カモメがたくさんいました。

 

 

その「海」に面してあるバーです。

食事も普通にとれるので、お昼に何度か行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

レストランから「海」を見下ろすと、チューブが透けて見えます。

 

 

チューブのまわりを魚がたくさん泳いでいます。

 

 

 

 

 

透けて見えていたチューブは中から見るとこうなっています。

 

 

バラクーダが悠然と泳いでいたり

 

 

サメもいたり

サカタザメがいたり

ギンガメアジも。

人がいないタイミングって、なかなかありません^^

 

 

 

 

 

見ていて、撮っていて、キリがないといった感じでした^^

 

 

これが敷地内の「海」です。

橋のもう少し先に行くとビーチがあります。

 

 

メインのロイヤルタワー側にも小さなビーチがあります。

でも、ここの「海」は遊び場としてよりは、池の水の供給という役割が大きいのではと思います。 

 

 

もうちょっと寄ると。

 

 

これは海の手前側のビーチです。

 

 

ここは水遊び用の用具を借りたりする所だった気が^^;

 

 

シュノーケルツアーやダイビングの申し込みもできたような・・・^^;

 

 

つづく

| | コメント (0)

アトランティスの様子2

アトランティスの中の様子の続きです。

 

 

右手の建物は子供用にあるみたいでした。

よくわからないイベントがあちこちで催されていました。

 

 

なんなんだろう・・・

ここはレストランじゃなかった気がしますが。

 

 

あれ?種類違う?オスメスは同じ柄だったような気がするけど。

  

  

ほら、みんな頭は黒いでしょう?

  

 

これは、左の黒いところが軽食のカウンターだから、普通のランチのセッティング風景。

 

 

お、マンタが水面を!

 

 



ち、近い!

 

 



おお、すごいすごい!

 

 

実は、マンタが泳いでいたのはこのロイヤルタワーのレストランから見える水槽だったのです。

 

 

全景

 

 

中から見ると。

 

 


この席が良さそうですが、人だかりの時も多いみたいで、落ち着かないかもしれません^^

 

 

すごい密度の魚です。

 

 



これはロイヤルタワーのエントランス。

 

 

天井も高く、さすがメインのタワーだけのことはあります。

 

 


 

 

 

この幾何学模様が美しい。 

 

 




これらの絵は多分バハマの伝説をモチーフにしたものだと思います。

 

 

内容は分かりませんが、それにしても色が鮮やか。

 

 


 

 

 


 

 

つづく 

































| | コメント (26)

«アトランティスの様子